生垣を撤去してフェンス工事【京都府木津川市 K様邸】

最終更新: 2019年6月20日

ビフォー

フェンス工事前の生垣

アフター

フェンス工事完了


ビフォー

フェンス工事前の生垣と建物


アフター

フェンス工事後のフェンスと建物


ビフォー

フェンス工事前の草だらけの庭


アフター

フェンス工事後のフェンスと砂利の庭

ビフォー

工事前の草だらけの庭

アフター

工事後の砂利の庭2

ビフォー

工事前の草だらけの駐車場スリット

アフター

工事後の駐車場スリット


生垣を撤去してフェンスを取付けた工事をご紹介致します。今回ご紹介するのは京都府木津川市にお住まいのK様です。

K様とは弊社のお客様であるT様にご紹介頂きご依頼頂きました。K様が今回のフェンス工事に至ったキッカケは「生垣が枯れてきていて、見た目がよくなく管理が大変」ということでした。更にお話を伺うと「広いお庭があるが、全く使わないし草引きも大変」という事もあり今回のフェンス工事に至りました。

K様と現状に対してどのような対策を取っていくかご提案しながら話し合い、一緒に考えていきました。





K様が日常からお悩みだった状況とは…


1.生垣が部分的に枯れていて見た目が悪い

2.生垣の管理も大変

3.庭に雑草が生い茂り草引きが大変

4.駐車場スリットの芝生の管理が大変



ということでした。K様のお家は通りに面しているので、通る方から生垣も見える状況です。一部分生垣が枯れていたり、一本だけ元気が良くてといったこともあり見た目を気にされておられました。枯れた生垣の箇所からはスッと人の出入りも出来てしまうので防犯面でも安全とは言えません。

また、広いお庭があるのですが、普段から全くお庭は使われておらず、ただ草引きだけをしないといけないという状況だったそうです。いろいろとお話を伺いご提案させて頂きました。






設計時でのご提案内容

K様に今後どのようにお庭を使っていきたいかお伺いすると、「今後も庭で過ごしたり、お花を植えたりなどはすることは無い」ということでした。物凄く広い面積ですが、お忙しくされておられ、ご家族も皆さま庭に出る事は無いということでした。また、リビングの窓を開けていると目線が入ってしまうので、目隠しになるようにされたいといったご希望もありました。道路に面した箇所は生垣があり、枯れてきていたので管理も大変ということで、生垣も雑草も無くしてしまいたいということでした。いろいろとお話を伺い、「庭で過ごす事はないのでオシャレなお庭ではなく、とにかく管理をしなくていいようにされたい」という事が最大の目的という事にK様とたどり着きました。


何度か打ち合わせを重ね、最終的にK様に合った3つのプランをご用意させて頂き、生垣は撤去して、目隠しフェンスを取付けるという事と、お庭は管理が要らないように一番コストを抑えられる方法で雑草対策をされてはどうかという事をご提案させていただきました。






K様のお庭の具体的な解決法とは…


ミッション1.枯れてきた生垣を撤去し目隠しフェンス工事

工事前の生垣

一本だけ元気いっぱいだったレッドロビンの生垣…向こう側はほぼ枯れてきており、お庭の中が見えたりということもありました。生垣は目隠しの役目と境界部分から人が侵入できないようにという役割がありました。元気な生垣は歩道側にも伸び、歩行者の傘に当たったりといったこともあります。落ち葉も出るので掃除や剪定などといった管理も無くしてしまう為に目隠しフェンスに切り替えました。



生垣を撤去した庭

生垣を撤去した状態です。真ん中のデザインウォールは見た目も良く、まだまだ使用できるので現状のまま使用する事に。



擁壁に鉄筋を打ち込む

既存の擁壁の上に鉄筋を打ち込んでいきます。今回はフェンスの基礎の為にブロックを1段だけ積みます。擁壁に穴を開けてフェンスを取付ける事も出来ますが、お庭の土の高さが擁壁と同じ高さなので、ブロックを積まないとお庭の砂利や土が道路へ流れたりなどといったことも考えられます。そうならないように、今回はブロックを1段だけ積むようご提案させていただきました。



工事中のブロック

ブロックを1段積みました。既存のブロックと違和感が出ないように全く同じ物を使用しました。このブロックをフェンスの基礎に使用してフェンスの柱を立てていきます。



既存フェンスと新設フェンス

フェンス本体を取付けます。今回は元々あったデザインウォールを残すということで、デザインウォールにひとの目線が向くよう、生垣だった箇所のフェンスは少し控えめにオータムブラウンというカラーを使用。建物との調和も取れていて、デザインウォールの木目フェンスに人の目は集中するので、シンプルで全体的なバランスもまとまります。



スカイロケット

デザインウォールと新しく付けた目隠しフェンスの隙間は植木で人が侵入できないようにカバーしました。この植木がない状態だと、歩道からスッと人が入れてしまいます…今回はあまり管理の必要がないスカイロケットというコニファーを使用。シルバーがかったグリーンが目に優しく、防犯面も高めてくれます。



目隠しフェンス取付完了

以前は公園のベンチからリビングが丸見えでしたが、目隠しフェンスを取付けてリビングにいても目線が入らなくなりました。これで窓を開けて過ごされていても目線が入らないだけで落ち着いてゆっくり過ごせますね。目隠しフェンスの高さはK様と打ち合わせ時に何度も話し合い実際にお家の中からいつも過ごされる感じで見て頂いたり、私が歩行者役で外からの人の目線を演出し何度もシュミレーションをした上で設定しました。取付けてからK様から「ばっちり」とのお言葉を頂きました。

目隠しフェンスは隙間がどれぐらい開いているフェンスかという事と、どの高さまでフェンスを取付けるかが重要です。







ミッション2.コストを抑えられる方法で庭の雑草対策…


工事前の草が茂る庭

本当に広いお庭ですが、庭で何かするという事も無く、草を引くためにお庭があるような状態でした。お忙しく過ごされておられる中で、これだけの面積の草引きをするとなると相当な時間と労力がかかります。K様は「お庭は使わない」という事でしたので、デザインは入れずに本来の目的である草引きを無くす考えでご提案させて頂きました。



掘削後の土の庭

全体的に草刈りをし、土を削りました。こうすることで、雑草の根っこと種も撤去することができるので更に雑草対策の効果が高まります。



防草シートを張った庭

防草シートを敷きます。今回はザバーン240を使用。スギナやドクダミといった地下茎の雑草も突き破る心配がありません。耐久性も砂利を入れると非常に長くご利用いただけます。

防草シート同士の繋目は粘着テープで留める事により、スギナなどが隙間を縫って出てきにくくなります。



防草シートを張った庭2

玄関の前まで全て防草シートを張ってしまいました。



工事後の砂利の庭

全面にジャミを入れて完成です。タイルや石貼りなどで雑草対策も可能ですが、K様はお庭に出る事や使うことが無いという事で、面積が広いということもありこの方法がコストも抑えられて、雑草の対策も出来て一番ベストではないかとK様とお話し、最終的にたどり着きました。これでお庭の雑草についても問題解決です。








ミッション3.駐車場のスリットの管理を無くす…


工事前の駐車場スリット

駐車場のスリットは全面芝生が張られていました。芝刈りも大変でK様は1回もしたことがないとのことでした。玄関の前も芝生がこんもりとなってきており、雑草もでてきていました。K様のお家の場合、スリットが一部アールになっているという事もあり、石やレンガなどで埋めると全て加工しないといけなくなりコストも上がってしまいます。

かといって、セメントだけだと味気なくなるので、K様に少しだけデザインを入れてご提案。



駐車場スリットを掘る

全て芝生を剥がし、土を掘って下地を入れます。写真左側がアールの曲線箇所です。



駐車場スリットを埋め込んだ

ドット柄で石を埋め込んで少しだけアクセントを付けていきました。

アールの部分の加工を回避しながらコストの事と玄関周りなので見た目の事も気にしながら、うまく雑草の対策ができました。







ミッション4.不便だった水道を使いやすく…


立水栓

以前は植木の後ろに散水栓が付いていました。散水栓というだけでも腰をかがめたり、蓋を開けると中にカエルや虫がいたりということもあり、女性はあまり水道を使いたくなくなるぐらいです。その散水栓が植木の裏側にあるので更に使いにくいという状況でした。

今回のフェンス工事で防草シートも張るので、埋もれてしまう前に立水栓に切り替え場所も使いやすく家の角へ移動しました。

これで虫やカエルなどの心配もなくなり、腰をかがめることなく水道を使用出来るようになりました。








K様からのお声・完成して暮らしてみての感想

実際に頂いたお客様の声

今回はT様からのご紹介でK様とのご縁に繋がりました。ご紹介や口コミでも少しずつお声をかけて頂くようになり、本当にありがたく感じております。K様との打ち合わせも楽しくさせて頂きました。「あなただからと言われる職人でありたい」を理念にもっとハートのある仕事をしていきたいなと思います。K様この度はありがとうございました!

目隠しフェンスも付いたので、ゆっくりとお家でお過ごしくださいね!




奈良・京都南部で新築外構工事・外構リフォーム・庭のリフォーム・造園工事・雑草対策など外構・お庭でのお困りの事がある方は【いろは造園】までご相談ください。


無料相談は毎月7件まで受付中!ご相談、ご提案、プラン作成、お見積りなどは一切無料です。無料相談は→こちらから


いろは造園→TOPページ