お庭の草むしりを減らした事例【京都府木津川市 I様邸】

最終更新: 2019年6月20日

ビフォー


アフター





ビフォー


アフター



ビフォー


アフター



ビフォー


アフター



お庭の草むしりを減らした事例をご紹介します。今回は京都府木津川市にお住まいのI様の事例です。

I様が今回、お庭の草むしりを減らす工事に至ったキッカケは「ガーデニングが好きなのに、雑草に悩まされてガーデニングを楽しめない」ということでした。


また、「荒れ果てた庭を見る度ストレスになる」などといったこともありました。


更にお話を伺うと、「高さのある箇所も今まで登って自分で草むしりをしていた」ということでした。

「それは、さすがに危険なのでそこは改善した方が良さそうですね」ということで、I様と現状のお困り箇所の確認と、どの程度まで土を残し、ガーデニングスペースを確保しつつ、負担にならないよう一緒に考えていきました。





I様が抱えられていた問題点

✅ ガーデニングは好きだが、草むしりに追われる…

✅ お花を植えたいが、草むしりで1日が終わる

✅ 壁の上の草むしりが危険

✅ 草むしりしないといけない箇所が広すぎる

✅ 庭の外もぐるっと回って草引きをしないといけない

✅ 道路の際は草むしりをしていないとご近所から丸見えに…

✅ 草むしりをするより、ガーデニングをしたい




設計時でのご提案内容

I様とお話をしていく中で、ガーデニングのスペースは残しつつも、現状の草むしりが大変な箇所をお伺いしていきました。


お庭全面を草むしりしなくていいようにも施工できますが、I様は本当にガーデニングがお好きで、草むしりしないといけない面積を少しでも減らしていくようにご提案させていただきました。


また、草むしりをするにはご自分では危険な箇所もあり、そういった箇所は手入れのいらないようにしていきましょうとご提案いたしました。



また、道路際の植栽スペースには抜こうと思っても抜けない雑草が生えていました。I様のお家の場合、お庭と道路とで高低差があります。

お庭の方は高さが高いので、前の道路を通られた方からはほとんど見えません。

しかし、道路際の雑草については歩行されている方から丸見えになってしまいます。

そうなるとどうしても道路の際の草むしりが優先になるのですが、道路の際の雑草は抜こうと思ってもなかなか抜けず…そうこうしているうちにガーデニングのお時間が無くなるという状態でした。



I様とたくさんお話し、現状の草むしりの大変さを改善していく為の3つのパターンをご提案させて頂きました。


最終的に『草むしりの面積を減らす』ということと、『草むしりするのに危険な箇所は手入れがいらないようにする』ということ、『ガーデニングにはかかわらない場所(バックヤードなど)は雑草対策する』『道路際はおしゃれにしながら雑草対策をする』といった草むしりの改善方法をご提案をさせていただきました。









具体的にどのような方法で問題を解決したのか…?




1.草むしりするのに危険な箇所は立ち入らなくてもいいように…

高さのある場所の草むしりをしてケガをしてしまったら大変です…実際にI様のおうちではこのような状況でした。


道路からの高さが1m以上あり、お庭の中からは手が届かず、立ち入る事もできませんんでした。道路の際から壁をよじ登り、この30cmほどのスペースの草むしりをされておられました。


壁を上るのも危険ですし、また上ってからも体がよろっとしてしまうと落下してしまう可能性もあります。ポールに掴まりながら草むしりをする事も可能ですが、このポールも年数が経ち傾いてきておりました。


この箇所の草を引くだけでも本当に大変ですし、危険です。かといってこの箇所の草むしりをする為だけに職人さんや業者さんに声をかけるのも煩わしく、コストもかかってしまいます。


このスペースはガーデニングをするにしても、立ち入るのが危険になるのとI様もご負担になっている箇所でしたので、最終的にモルタルで固めるご提案をさせていただきました。


I様とお話し、「一応外から見える箇所で、モルタルだけだと殺風景になるので、石を埋め込んでいくと少し雰囲気が変わりますよ」ということで、那智黒石という黒い石を埋め込むようなご提案をさせていただきました。



立ち入るのが危険な場所は写真のようにモルタルと那智黒石でしつこくならないようにデザインを入れながら雑草対策をしました。


ガーデニングがお好きなI様と、「庭の内側にツタ類の草花を植えて少しこのモルタル箇所に乗せていくようにすれば更にいい感じになりそうですね!」と草むしりを減らすことで、今後のI様のお庭のアイデアも一緒にお話したりもしました。


これで、危険な箇所に立ち入って草むしりをする必要も無くなったので、I様がお抱えだった問題点を一つ解消することが出来ました。








2.草むしりのプレッシャーから解放…

I様のお家の道路際は植木と草花がたくさんありました。


道路の際は歩行者の方や、通られる方からは視線に入りやすい箇所です。



視線に入りやすい箇所なだけに放置しておくと、草だらけになってしまいます。

そうなると、周りの方から見えるスペースなだけにI様にもプレッシャーがかかってしまい、このスペースの草むしりが最優先になってしまいます。


お仕事もされつつ、週末のお休みにガーデニングの楽しいお時間が草むしりで終わってしまうとなると非常に勿体ないので、ここも何とか草むしりを減らしていくよう改善する案をご提案いたしました。


I様はこの箇所に植えてある「ツルニチニチソウ」に想い入れがあるということで、ツルニチニチソウは残しておくようにご提案いたしました。


そういったお一人おひとりの想い入れは本当にかけがえのないものですので私も大事にしていきたいです。


見える箇所なだけにただの草むしりの対策では遊び心もなく、デザインの兼ね合いも出てくるので、I様と話し合い最終的に今のアプローチと同じように石貼りをしていくことで、「最初からこの状態でした」という演出をしました。




ツルニチニチソウと乱形石貼り。石をわざとガタガタさせながら据えていきます。

I様とお話し、こちらのスペースは「草むしりを減らして、あとはご自分で草花を植えて楽しまれるスペース」にしていきました。


完全に草むしりを無くすわけではないですが、草むしりしないといけないスペースを減らすだけで、ガーデニングをやる時間にも大きく反映します。


また、草花と乱形石貼りの相性もいいので、ガーデニングをされると更に雰囲気がよくなり、お家のグレードも上がります。





周りの目線があり、「早く草むしりしないと…」とプレッシャーになっていた箇所が「草花を植えて演出できるスペース」に変わり、ガーデニングのお時間も取れるようになりました。








3.ガーデニングスペースではない箇所の草むしりの対処法

I様のお庭は広く、全面の草むしりをしていると一日では足りません…


そこで、ガーデニングスペースの範囲と草引きをしないといけない範囲を絞り、ガーデニングスペースではない箇所も草むしりの対策をしていきました。

理由は上記のようにすることで、草むしりの時間を減らすことが出来、ガーデニングのお時間にあてることができるからです。



こちらは和室横のバックヤードスペースです。物置を置いたりされておられました。こちらももともと砂利が入っていましたが、草が砂利の間からどんどん生えてきます。

その草を抜くと、砂利と土が入れ替わり、どんどん砂利が沈んでいき、草は生えやすくなります。


こちらのスペースに関しては特に目線にも入らないので、コストも抑えながら草むしりの対策が取れるようにご提案しました。



現状の砂利を全て撤去し、雑草の根っこと種を取る為に土を掘りました。会所から砂利の厚み分土を鋤取りました。



今回は奥のユーカリの木や花壇はそのまま置いておく形でご提案。ユーカリがある事で外から物置を隠すことができるので、見た目もよくなります。


花壇をおいておくので、花壇の中の土が防草シートの上に流れ込んでこないようにレンガで区切りを付けました。


これで、防草シートの上に土が流れ込んでくることを防ぐことができます。土が防草シートの上に乗るとまた、草が生えやすくなります。


シートとシートの繋目も強力粘着テープで留めます。



この上にジャミを入れてバックヤードスペースは完成です。物置もそんなに頻繁に使用されることはないという事で、今回I様のお庭でのバックヤードスペースは防草シートと砂利で施工しました。

これで、この箇所も草むしりについての問題が解消しました。



続いてのガーデニングスペースではない箇所の草むしり対策ですが、先ほどの物置スペースの敷地外側です。



I様のお家は裏側が歩道になっているので、50cmほど雑草が茂るスペースがありました。このスペースもI様の宅地内で、ここの草むしりをしようと思うと、玄関からぐるっと回って裏の歩道までこないといけません。


ここまで来るだけでも大変ですし、わざわざ草を引く為だけにこのスペースがあるような状態になってしまっていました。


このスペースの草むしりをしているぐらいなら、ガーデニングする時間に充てる方がよいのではないかということで、こちらはコンクリートで固めてしまいました。



これでI様もわざわざ草むしりをする為だけにこのスペースまで来る必要も無くなりました。これで、また草むしりをしないといけないスペースが減りました。



勝手口周りのスペースも草むしりが大変だったので、改善できるようご提案させていただきました。

動線にも当たる箇所なので、歩きやすいようにコンクリートを打ってしまいました。



コンクリートの角はI様のお家にあったレンガをしようして見切りを付けました。



勝手口周りなどはだいたい会所がありますので、コンクリートを打つ高さと会所の高さを合わせていきます。

黄色の糸がコンクリートの仕上がりになります。この糸の高さに蓋を合わせていきます。



ばっちり高さを合わせましたので、メッシュ筋を入れてコンクリートを打ちます。



これで、ガーデニングをするスペース以外の草むしりの対策も取れました。

草むしりだけをしないといけないスペースになってしまっていたので、これらを解消するだけでもガーデニングのお時間がかなり増えました。










I様からのお声・完成して暮らされてみての感想

I様から頂いたお声


ガーデニングが好きなのに雑草に悩まされてガーデニングを楽しめないという状態が2年ほど続き荒れ果てた庭を見る度にストレスになっていました。

何とか雑草を処理できないだろうかといろいろ調べていた時に「ここなら悩みを分かって聞いてくれそう」だと思ったのがコンタクトのキッカケでした。


実際お会いして話しやすくまた積極的に色んな提案を頂き、親身になって相談して頂いた事で安心感を持ちお任せしようと思いました。


実際の出来栄えも期待通りとても満足しています。

こちらが気付かない細部にまできちんと対応して頂いたことが、特によかったと思います。


将来を見据えての対応(境界線など)をみてここにお願いして本当に正解だったと思いました。

一度工事を終えてしまうと変更等が難しい、出来ないのが通常ですが、細部にまで気を配っていただく業者を選ぶことが大切です。

そういう意味でも信頼してお任せできる業者だとオススメしたいです。またこれからもお付き合いしたいと思います。


お陰様で今はガーデニングがとても楽しいです。







I様とは本当にガーデニングがお好きで、I様とお話していて私がいろいろ勉強させていただきました。

I様がガーデニングのお話をされている時、本当に目がキラキラしていて、素敵だなと感じました。大事にされていたツルニチニチソウへの想い入れも伺い私もウルっときてしまいました…

何とかI様の力になりたいという想いで打ち合わせもさせて頂き、最終的にガーデニングをする時間を取る事ができるようになったということで喜んで頂けました。

これからまたたくさんの草花に囲まれてガーデニングのお時間を楽しまれてくださいね!

I様ありがとうございました!





奈良で新築外構工事・外構リフォーム・庭のリフォーム・造園工事・雑草対策など外構・お庭でのお困りの事がある方は【いろは造園】までご相談ください。

無料相談は毎月7件まで受付中!ご相談、ご提案、プラン作成、お見積りなどは一切無料です。無料相談は→こちらから

いろは造園→TOPページ


​「あなただから」と言われる造園屋でありたい…

〒631-0806 奈良県奈良市朱雀5丁目11−21

  • Facebook
  • Pinterest
  • Instagram

© 2020 Irohazoen