ドッグランで、犬と過ごせるお庭リフォーム事例【大阪府 S様】

更新日:2019年6月30日

ビフォー

草だらけの庭

アフター

屋根が付いたドッグラン

今回ご紹介するのは大阪府にお住まいのS様です。

S様は最初「ドッグランを作りたいのですが、作ってくれる業者さんが無くて…」ということでHPを見てご依頼いただきました。

空地にしているのも勿体ないので、全天候型で雨でも使用出来て、防犯面も考慮し、尚且つワンちゃんが勝手に出ていかないような工夫もしてドッグランを作りました。




S様のお困り事・問題点


1. ドッグランを作ってくれる業者が無かった


2. 近くにコンビニがあり夜にゴミを捨てられるといった事があった


​3. 車通りも多いので、ワンちゃんが勝手に出ていかないようにしたい


​4. 小雨ぐらいでも使えるドッグランにしたい


​5. 空地のスペースを活用したい








​この問題をどのようにして解決したのか…

重機で整地された庭

重機を使用し、施工箇所の土を掘っていきます。同時に雑草を根っこごと取っていき、地面の整地もしてしまいます。



カーポートの柱を立てた状態

今回は全天候型で雨の日でもワンちゃんが走れるようにカーポートまで取付ました。片流れのカーポートで一番広い幅の物を使用しました。そうすることで雨でも使えるスペースがより広くなります。



ブロックの中の鉄筋

ワンちゃんが出ていかないようにブロックを積みます。ここで重要な事は、縦の鉄筋だけでなく1段飛ばしで横の鉄筋も入れていくという事です。そうすることでブロックの本来の強度が確保できます。



カーポートとフェンスが付いた庭

カーポートにサイドパネルを取付けました。雨の日に横からの吹込みを防ぐことができます。また、多少の目隠しにもなりますので、気兼ねなくワンちゃんを走らせることが出来ます。

大きめのワンちゃんもいるので、フェンスを越えられないように背の高いフェンスを取付けました。これでワンちゃんが出ていく心配も無くなりますし、勝手に他人に侵入されるなどといった心配も無くなります。



転圧作業中

今回は全天候型のドッグランで屋根も付けるので、天然芝は雨がかからない為使用できません。また天然芝ですとメンテが大変です。

天然芝以外でドッグランに使用出来る素材はウッドチップや人工芝があります。ウッドチップはワンちゃんの足にはとてもやさしくコストも抑えられますが、ワンちゃんが走って遊んだ後にお腹にチップがたくさん付いたりといった事もあります。また、虫も増えてしまいます。

そういった点をS様とトコトン話し合い、今回は人工芝での施工となりました。

ドッグラン箇所の下地を作っていきます。土を転圧しておくことで、あとで地面がボコボコになりにくくなります。下地をきちんと作っておくことで仕上がりもきちんと仕上がります。今回は雨もかかりませんので、完全フラットで土を均し、転圧していきます。



防草シートを張った庭

きれいに均した下地の上に防草シートを張っていきます。今回はワンちゃんが掘ったりして、傷んだらやり替えるということを想定した上で、コストを抑えた防草シートを使用しました。

​また、カーポートもあるので雨がかからない分、草は生えにくくなるので、コストダウンの防草シートでも十分効果が得られます。全て良い物を使用すればいいというわけではなく、適材適所とお一人お一人の目的、将来の事を考えながら物を決めていく事で、良い物が出来上がります。



入口にコンクリート打設

入口の部分はコンクリートを打ちました。このちょっとしたコンクリートスペースがある事で、靴の裏に着いた土やホコリを払うことができます。そうすることで、中に敷く人工芝が汚れにくくなります。

​ワンちゃんがフェンスの下の隙間からも出ていかないようにレンガで区切りも付けました。



背の高いフェンスと門扉

防犯上、ゴミを捨てられたり、勝手に侵入されたりといった事がないように背の高い門扉に鍵も取付ました。


ドッグランにおいて重要なポイントがあります。

ワンちゃんが複数いる場合、リードの取り外しを行うスペースがある方が使い勝手が良くなります。ワンちゃんが勝手に飛び出したりといった事が防げるので安心して使用できます。

今回は、安全面と防犯面も考慮し外に背の高い門扉、中にワンちゃんの安全のための背の低い門扉と二重に門扉を取付けました。

リードを付けたまま1枚目の扉を入り、中間スペースでリードを外してあげて、2枚目の扉を開けワンちゃんを走らせてあげるスペースへ繋がります。

ワンちゃんは家族です。事故があっては大変なので、作る場所によってはこのような一工夫がある方が本当に安心して使用できます。



人工芝の庭

防草シートの上に人工芝を張って完成です。今回はS様とお話し、「きっと走り回って、掘ったりもするだろうから」ということで、人工芝もワンちゃんが掘って傷むことを想定した上で今回はコストを抑えた物を使用しました。

使い方次第ではこのように初期費用を抑えて、その分傷んできた時に張り替える費用に回すという考え方も大事です。ここでも、『なんでもいい物を使えばよい』という考えではなく、重要な事は『ご自分に合った物を使う』ということです。

そうすることで、将来のメンテナンス費用の事まで考えた計画を立てる事ができます。




アフター


全天候型のドッグラン



お客様の声・感想

お客様と記念撮影

ドッグランで遊ぶ犬


自筆のお客様からの感想文

S様からのお声






ドッグランを造りたくて近場の工務店にあたっても相手にしてもらえず、HPを見て西原さんに連絡させていただきました。

​ちゃんと話を聞いてもらえて安心してお任せすることが出来ました。奈良から大阪へ何度も往復してくださりました。工事が始まると皆さん黙々と作業してくれていて、出来上がったランを見て私も犬たちも大喜びです!!御社にお願いして本当に良かったです。ありがとうございました。



とS様に喜んで頂けました。完成するまでにご近所の方や、工場の方にも「よくがんばってるね~」「暗いからライト貸したるわ」などと周りの方にも本当に支えてくださりよいドッグランが完成しました。

完成してからは、私の実家のワンコも一緒になって走らせていただき、私も「ドッグランほしいな…」と思ってしまいました。

S様と工場の皆様、これからもワンちゃんに癒されながらお仕事も頑張ってくださいね!大阪からのご縁本当にありがとうございました。





奈良で新築外構工事・外構リフォーム・庭のリフォーム・造園工事・雑草対策など外構・お庭でのお困りの事がある方は【いろは造園】までご相談ください。

無料相談は毎月7件まで受付中!ご相談、ご提案、プラン作成、お見積りなどは一切無料です。無料相談は→こちらから

いろは造園→TOPページ