お庭の虫対策の事例【京都府 精華町】細田様邸

最終更新: 2019年6月20日

ビフォー

アフター



お庭の虫対策の事例をご紹介します。今回は京都府相楽郡精華町にお住まいの細田様の事例です。


細田様が今回、お庭のリフォームに至ったキッカケは「害虫が非常に多く、子供を遊ばせるには危険」ということでした。

また、「砂利の中にドンドン芝生が入っていく」「砂利の中からムカデが出てくる」などといったこともありました。

更にお話を伺うと、「芝生や植木の管理も大変」ということもありました。

「お仕事と子育てをされつつ、お休みの日にお庭でお子様を遊ばせてあげたいが、上記の理由で遊ばせられない」ということで、細田様と現状のお困り箇所の確認と、どういった対策を取っていくかをご提案しながら話し合い、一緒に考えていきました。





細田様が抱えられていた問題点


✅ 庭に害虫が多い

✅ 虫が多いので子供さんを遊ばせると危険

✅ 庭からムカデが出てくる

✅ 砂利の隙間から草が生えてくる

✅ 草引きに、芝刈りに植木の剪定と管理が大変

✅ 手の届かない高さの植木の管理が大変

✅ 子供さんが遊べるお庭にしてあげたい








設計時でのご提案内容

細田様は最初、「人工芝を敷いてください」とご依頼いただきました。お伺いし、お話を伺うと、お庭の管理が大変で、お知り合いの方に人工芝がいいと聞かれたそうです。


細田様に更にお話を伺うと、「芝の管理も大変だが、それ以上に虫がすごい」ということでした。具体的にどの箇所からどのような虫が出てくるか伺うと、「砂利の中にムカデがいる」ということなどがあったそうです。


ご予算と、現状の問題をどこまで対処していくか、細田様とお子様やお家の10年先を見据えた上でのお庭のリフォームのお話をさせていただきました。


細田様に合った3つのプランをご用意させて頂き、最終的に「小さなお子様がおいでなのにムカデは危険ですね…」という事で、ご予算と将来の事を考えても、まずは現状の一番の問題である「砂利の中のムカデ対策」を最優先にされてはどうかとご提案させていただきました。






具体的にどのような方法で問題を解決したのか…?





1.砂利のスペースから出てくるムカデの対策

細田様に伺うと、虫が一番出てくる箇所が砂利隙間ということでした。

実際に見させていただくと、細田様のお家は2階のバルコニーの幅が広く、家の際には雨がほとんど当たりません。

雨が当たらないという事は芝生もなかなか茂りません。

そういった理由もあり、建物の際には白い砂利が入れられているという状況でした。


年数が経ち、芝生と砂利の見切りが無いので、芝生は少しずつ建物の際の砂利の方へも繁殖していきます。真っ青に育ってくれればいいのですが夜露の当たらない箇所は芝は育ちにくいです…


芝が砂利の隙間へ繁殖し、土質はいい状態である程度湿気があり、砂利の下の土の状態が虫にとって最高の状態になっていました。


リビングの窓から子供さんと出られて、ムカデに刺されそうなこともあったようです。

現状の砂利の箇所をやり替えるだけでもかなり対策がとれるので、犬走でコンクリートを打つことにしました。



元々あった砂利は全て取り除き、建物の角から角まで、幅は90cm程でコンクリートを打ちました。


これで、元々の湿気や良好な土質が出ていない状態になるので、虫やムカデの対策にもなります。


当然ですが、100%虫が出てこなくなるわけではありません。しかし、元々の砂利と芝生の上にムカデがいても気付かない事もあり、そのままお子様を外へ出すと危険です。


今回コンクリートを打ったことで、もしコンクリートの上に虫やムカデがいる場合、発見できる確率があがります。発見できれば殺虫剤などでも対処はとれるという事になります。


ムカデやヤスデ用の粉のお薬もありますが、最近はすごくきつい薬が多いので、小さなお子様や犬がいるお家では使用を避ける方が良いかと思います。


万が一、触ってそのまま口へ…なんてことになるとゾッとします…



室外機の下や裏は間延びした芝生が繁殖していました。この箇所は芝を刈るのも難しく、芝の草丈が長く、風があまり通らず、日が当たりにくいので虫にとっては最高の住処です。


室外機は意外な盲点で、室外機から家の中に虫が入ったりということもあります。

そういった事を少しでも防げるよう、管理が楽になる様にコンクリートを打ってしまいました。



このようにしておくことで、芝刈りも減り、掃除も楽になります。

また、虫の繁殖も減らすことができるので、室外機の下で虫が繁殖し、室外機から室内に入ってくるといった事もかなり防ぐことができます。


これでムカデの心配も減り、安心してお子様とリビングの窓からお庭に出られるようになりました。









2.将来、お庭のリフォームをしやすいように排水桝を設置

細田様と現状のお話だけでなく、将来の事も考えながら今回のお庭のリフォームについてお話させていただきました。


現状としては子供さんが遊べるように芝生のままで置いておく形をとり、将来的には雑草対策も兼ねて、リビングの前にご夫婦で寛げるスペースや、バーベキュースペースもあればなと一緒に考えていきました。


将来的に寛げるスペースを作る時に地面をタイルや石貼りなどで固めると排水の問題が出てきます。

なぜならば、今回の犬走工事に当たり、後でタイルでテラスを作った場合「排水が取れない…」と、なる可能性があります。


そうならないようにする為にあらかじめ排水桝を犬走の外側に設置しておきました。



このようにコンクリートの外側へ排水パイプを設置しておくことで、将来お庭のリフォームでタイルや石貼りをした時にこの排水パイプが生きてきます。


また、ゲリラ豪雨で大雨が降った時も、排水桝がある事でお庭の水はけが解消されます。








3.不要な植木を撤去・手の届かない高さの植木は高さを落とす

枯れていた植木や邪魔になる木は撤去しました。お子様の目線の高さで枝が出ている木もあり、万が一お庭で走り回っている時に枝で目を突くと大変ですので、危険性のある木も撤去しました。


植木に虫が付くという事もありましたので、「少しでも細田様の管理を楽にできるように」ということと、「お庭の見た目」「ご予算」「虫の発生」などを考えながら、撤去する植木を話し合い、不要な植木を撤去していきました。


また、手入れの際に脚立が必要となると作業が大変になるので、手の届く範囲の高さまで植木の背丈を落としました。


形は崩れてしまいますが、細田様と話し合い、「管理の事を優先」という考え方で高さを低くしました。



写真真ん中にあるヤマモモの木です。虫がつく上に、背丈が高いので管理が大変でした。


思い切って下の枝が出ている箇所で切りました。



強い木ですので切ってもまた枝が出てきます。奥のカツラは今回はお家の雰囲気にも合い、見た目も良いのと、枝が下の方にないので、そのままでいくことになりました。




これで、虫も減り、細田様も管理がしやすくお子様と遊べるお庭になりました。








細田様からのお声・完成して、暮らされてみての感想

細田久人様から頂いたお声




今回は施工して頂いてありがとうございました。

施工するにあたり、他業者と比較して安い方を選択しようと思っていた程度でした。

そして、とりあえずネットに出てきた西原さんのお話を聞くこととなりました。


お会いし、どういう風にしたいか、現状の問題点など聞かれました。

現状は害虫が非常に多く、2歳、1歳の子供を外で遊ばせるには危険でした。その為今ある天然芝を人工芝に変えようとしていました。

このことを説明すると、人工芝はコストが高く寿命が短いということでした。どこから虫が出てくるのか等詳しくお話すると「将来を考えて今人工芝にしてももったいない」と言ってくださり、アドバイスを頂き、その日は終了しました。


私は「西原さんしかない」と決めました。普通ならこちらが求めていたものを売るのに、お客の事を第一に考えている事が会った初日に分かりました。


その後話を進めていき、最後の話し合いで仕事に対する想いなどを聞いて本当に西原さんで良かったと思いました。


職業は違いますが、仕事への取り組みに関して考えさせられました。

施工後も描いて頂いたイメージと変わることなく完璧でした。


今回はありがとうございました。今後も西原さんに依頼しますのでどうぞよろしくお願い致します。








というお声を頂きました。細田様といろいろお話させて頂き、普通ではなかなか聞くことの出来ないお仕事のお話などもお聞かせ頂き、私も仕事に対する考え方を改めて考えさせられました。

このようなありがたいお声を頂き、自分の人生においてもっともっと人様の力になれるような人間にならなくてはと本当に感じました。

また、お子様の成長と共にライフスタイルも変化すると思いますので、いつでも何でもご相談頂ければと思います。

細田様この度はありがとうございました!







奈良で新築外構工事・外構リフォーム・庭のリフォーム・造園工事・雑草対策など外構・お庭でのお困りの事がある方は【いろは造園】までご相談ください。

無料相談は毎月7件まで受付中!ご相談、ご提案、プラン作成、お見積りなどは一切無料です。無料相談は→こちらから

いろは造園→TOPページ



​「あなただから」と言われる造園屋でありたい…

〒631-0806 奈良県奈良市朱雀5丁目11−21

  • Facebook
  • Pinterest
  • Instagram

© 2020 Irohazoen