お庭のウッドデッキをリフォーム【木津川市 筒井様邸】

最終更新: 2019年6月30日


ビフォー

白い壁の家

アフター

リフォーム後黄色い壁の家


ビフォー

朽ち果てたウッドデッキ


アフター

コンクリートのお庭

今回ご紹介するのは木津川市にお住まいの筒井様です。筒井様が今回の工事に至ったキッカケは「ウッドデッキの劣化」でした。ウッドデッキは木製の物で、お家を建てられた時にお爺様が作ってくださった物でした。筒井様に「想い入れがある物なので、補修していくか、一度撤去してやり替えるかどちらでみましょうか…」とお話をさせて頂き、年数も経つのでデッキは撤去することになりました。



穴の開いたウッドデッキ

実際に木製のウッドデッキが劣化して割れている箇所もあり、穴が開いているような状態でした。穴に落ちかけてケガをしそうな事もあったらしく、このままだと危険なので、筒井様とどのようにやり替えていくかをメリットもデメリットもお話し、ご提案も含めながら決めていきました。






筒井様が抱えられていた問題点


✅ ウッドデッキが劣化してきてケガをする可能性がある


✅ 木製のウッドデッキの為、定期的に塗装が必要


✅ 駐車場のスリットの雑草が茂って大変


✅ 植木が大きくなりすぎて落ち葉掃除が大変


✅ 建物裏のスペースが雑草で覆いつくされる









設計時でのご提案内容

ヒアリングをさせていただくと上記のような問題点をお抱えでした。

筒井様は弊社にご相談頂く前に、他社様にご相談されていたそうです。他社様からのご提案は現状のウッドデッキスペースを全て石貼りに切り替えるといったご提案だったようです。


筒井様に「石やタイルを張りたいですか?」と伺うと「そうでもない…」とのことでした。

『ご予算の範囲内で今お抱えの全ての問題を解消するか』、『ウッドデッキスペースに力を入れてその箇所だけをおしゃれに作り替えるか』、というお話も聞かせて頂き、今回は『今抱えている問題点を全て解消する』という方法に決まりました。


筒井様と具体的にどのように問題点を解消するかということと、筒井様に合う素材をいくつかご提案させて頂き、最終的に現状のウッドデッキのスペースはコンクリートで固めてしまい、コストを削減できた分で裏の雑草対策や、壁の塗り替え、樹木の撤去をするといった方法をご提案をさせていただきました。







どのような方法で問題を解決したのか?





1.お庭でバーベキューが出来るようにリフォームする

筒井様に理想のお庭の状態や、今後どのようにスペースを使っていきたいかを伺うと、「バーベキューがしたい」ということと、「メンテがいらず出来上がった後に自分で出来る事(カーペットや人工芝、パネルを置く)などといった事はやります」ということでしたので、デッキを撤去し、階段を作りコンクリートで固めてしまいました。



デッキ撤去後の土の庭

まずは現状のウッドデッキを全て撤去しました。土の状態のお庭になり、このままではまた草も生えてきますし、リビングからの段差もかなり高くなってしまいます。リビングから出入りがしやすいようにお庭の高さを上げていきます。



階段を作った庭

階段を作り、下地を入れて転圧機で締め固めました。なぜこのような作業が必要かというと、こうすることで、地盤の沈下を防ぐことができます。地盤沈下しにくいという事は、コンクリートの表面に少しでもヒビが入りにくくなります。


また、水道も移動しました。なぜ今回水道を移動したかと言うと、筒井様はお庭でバーベキューをされるということで、水道が近くにあった方が何かと便利ではないかということで、水道を移動するご提案をさせてただきました。排水パンも付いているのでサッと手を洗ったりしても靴に水はねが付きにくいですね!



コンクリートテラスの庭

コンクリートテラスの庭

コンクリートで固めてしまいました。これで、ウッドデッキのようにメンテナンスの必要も無くなり、安心してバーベキューができますね!

リビングからの段差もほとんど無くなったので出入りもしやすく、水洗いで掃除もできます。また、お庭の水はけなども表面で排水を取っているので全く心配が無くなります。

筒井様のお家では排水は全て黄色の壁の方へ流しました。

ここまでしておけば、ウッドパネルをご自分で置かれたり、人工芝を敷いたりもできますね。



隙間モルタル塗り込み

排水目皿

壁の方へ流れた雨水はスリットへ流れ込み、排水パイプを設置しておいたのでそこへ流れ込んでいきます。これで、将来、高圧洗浄や水洗いで掃除をするときにも全く問題なく水が流れていきます。スリットのセメントを隠したい場合はここに砂利をいれるだけで印象が変わります。







2.家の周り全面を雑草対策

草が茂る裏庭

家の裏は特に使うことが無く、見る事もあまりなかったようです。そうこうしているうちに雑草がドンドン茂ってきたようです。裏に関しては特に物を置いたり、今後も使う事は無いということでした。お話を伺うと動線にも絡んでこないようなので、こちらのスペースは現状の草を全て撤去し、一度土を掘って雑草の種と根っこを全て除去してから、防草シートと砂利で施工する方法をご提案をさせていただきました


今回筒井様といろいろお話し、バーベキューセットは写真奥の物置の中に入っているという事でした。どうせなら物置の物を出しやすいように向きを変えて置かれてはというご提案もさせて頂き、向きを変えて物の出し入れをしやすくしました。



防草シートを張った裏庭

草を撤去し、全面の土を一回鋤取り、防草シートを張りました。防草シートは強力な物を使用する事をおすすめしております。理由は、地下茎の雑草がシートを突き破ったりといった事がなくなるからです。また、耐久性も良くなります。防草シートと防草シートの繋目箇所に関しては、写真のように強力な粘着テープを張っておくといった方法をとることで、繋目から草が出てくるのを防げます。



防草シートを張ったアプローチ

裏と同時に表のアプローチ周りも防草シートで施工していきました。なるべく隙間が出来ないようにびっちりと張ることで後々の雑草の生え具合が変わります。


駐車場隙間防草シート張り

駐車場のスリットもかなり除草が必要になってきていたので、全て防草シートと砂利で埋めていきました。



砂利の裏庭

家の裏側にも防草シートの上に砂利を入れて完成です。これで、家の裏と表の雑草対策もばっちり出来たので、除草作業がかなり楽になりました。

コンクリートに引き続き、比較的コストは抑えられる方法でバックヤードスペースの施工をしましたので、お考えであったご予算をまだ他の箇所に回すことが出来ます。







3.サイクルポートを付けて自転車が雨で濡れないように…

サイクルポートを取付け

以前はお爺様が作って下さった木製の屋根が付いていました。その屋根もかなり傷んできていたので、やり替える事ご提案をさせていただきました。

今回はアルミ素材の屋根ですのでかなり長持ちします。また、今回は道路側に柱を立てて、バルコニーに向かって屋根を伸ばすという方法を取りました。理由は、バルコニーの下とサイクルポートの下が雨がかからないスペースとなる為、駐輪場としてかなり広く使用することができるからです。




リフォーム前の白い壁の家

リフォーム後の黄色い壁の家

大きくなり過ぎたハナミズキも今回は撤去しました。「残しておくと落ち葉掃除が毎年本当に大変なので…」ということで、根っこごと撤去してしまいました。

玄関周りの雑草対策も行ったので、敷地内全面、雑草の対策が取れている状態となりました。




これで、筒井様が最初にお抱えだった問題点を全て解消することが出来ました。

予算の範囲内でお客様がどのようにお考えか、これからどのように過ごされたいかを考えながらご提案するのも、造園、外構屋としては非常に重要です。

私自身、お客様に言われた事だけをするだけではプロとして失格だと感じております。

今回は筒井様と打ち合わせを重ね、ベストプランをご提案できたかと思います。





お客様の声・感想
自筆のお客様の感想文






筒井様からのお声



10年前に家を建て、当時0歳と6歳の子供達の為に、ウッドデッキを祖父に作ってもらいました。プールやBBQなどたくさんの思い出を作ってくれました。しかし、10年も経つと木が腐り始め歩けば穴が開き危ない状態になり、雑草も生え放題になってしまいました。

このままでは、気持ちが暗くなってしまう、人に見せるのも恥ずかしいと思い、思い切ってデッキを壊しコンクリートにして手入れがしやすいようにしました。

初めての事なので、何もわからずインターネットで調べました。

とても親身に話を聞いて頂き、また、生活がしやすいようにアドバイスも色々話していただきました。自分の家を信用できる人に直していただきたいと思い決めました。

作業中もとても礼儀正しく、安心して作業をお願いすることができました。

出来上がりもとてもきれいにして頂き、なにもかもが満足いく結果になりました。

毎日、庭を見る事が楽しみになりました。これからも何かあればお願いしたいと思います。

ありがとうございました。







筒井様この度はありがとうございました。打ち合わせ中、ネコちゃんが可愛くてずっと遊んでしまいそうでした(笑)今回、筒井様のお家のリフォーム工事をさせて頂いて、私自身「どの箇所にどのぐらいの予算をかけていくか」「おしゃれに作るか、問題解消に力を入れるか」などといったことも非常に勉強になりました。

広く安全に使えるようになったお庭で、皆様でBBQを楽しんでくださいね♪

ありがとうございました。





奈良で新築外構工事・外構リフォーム・庭のリフォーム・造園工事・雑草対策など外構・お庭でのお困りの事がある方は【いろは造園】までご相談ください。

無料相談は毎月7件まで受付中!ご相談、ご提案、プラン作成、お見積りなどは一切無料です。無料相談は→こちらから

いろは造園→TOPページ